社長略歴

 

有限会社 平井ランゲージ・サービシズ
代表取締役社長 平井 通宏

略歴

技術士(情報工学部門)
工学修士(MSE)(米国ペンシルヴァニア大学)

1965年

  • 東京大学工学部電子工学科卒業

1965年-2002年

  • (株)日立製作所
  • 汎用コンピュータ事業部副技師長、外国語研修所長を歴任
  • 大型処理装置(メインフレーム)の論理設計・開発、輸出コオーディネーション、IT 用語国際/国内規格作成、英語文書作成指導、外国語研修プログラム開発・管理等に従事

2002年12月 – 現在

  • (有)平井ランゲージ・サービシズ代表取締役社長

2003年 – 2007年; 2010年; 2012年

  • 神奈川大学理学部特任教授

2003年2月 – 2018年3月

  • (株)国際教育社(ILC 国際語学センター)顧問

2005年4月 – 2016年3月

  • 公益社団法人 日本英語検定協会(STEP)アドバイザ

2008年 – 2009年; 2011年; 2013年 – 2016年

  • 神奈川大学理学部非常勤講師

2009年 – 2012年

  • 早稲田大学理工学術院非常勤講師

2011年 – 2013年

  • 放送大学非常勤講師

現在

  • (有)平井ランゲージ・サービシズ代表取締役社長

英語(和英、英和)翻訳歴: 43年(1975年以来)

語学資格

TOEIC® 満点、STEP BULATS (CBT) 満点、英検1級、ケンブリッジ英検CPE グレードA、国連英検特A級、通訳案内士(英語)、工業英検1級、早稲田大学-ミシガン大学 TEP テスト 1級、ほんやく検定1級、知的財産翻訳検定1級、日商ビジネス英検1級、商業英検A級、ATA (米国翻訳者協会)和英翻訳検定、ATA (米国翻訳者協会)英和翻訳検定、日本翻訳協会 (JTA) 翻訳専門職資格試験、Advanced Professional Translator (APT) (工業・科学技術 (英日)、登録番号 T00013) 等を含み、英語資格検定50冠(最上級 50個取得)を達成(「日本一ネット」で日本記録として認定)。
ドイツ語通訳案内士免許所有。

取得英語資格/検定一覧

著書

著書については下記リンク項目を参照ください。
>>英語教材著作

その他出版物(委員会活動)

  • JIS X シリーズ(情報処理用語国内規格) 9 件
  • JIS Z シリーズ(ディペンダビリティ用語国内規格)  1 件
  • ISO/IEC 2382 シリーズ(情報処理用語国際規格)   7 件

所属学会/業界団体

日本技術士会(IPEJ)、情報処理学会(IPSJ) (Life Member)、IEEE (Life Member)、全国語学教育学会(JALT)、日本 テクニカル・コミュニケーション協会(JATEC)、日本翻訳連盟(JTF)、日本翻訳協会 (JTA)、日本翻訳者協会(JAT)、米国翻訳者協会 (American Translators Association: ATA), Society of Writers, Editors & Translators (SWET) 等会員

学会発表

  • “General Overview of English Tests in Japan”
    全国語学教育学会 (JALT) 北海道 大会 (2016年10月、於札幌)
  • “Developing an ICT Reading Comprehension Course Using Authentic Materials”
    ESP in Asia 7th International Conference (September 2015, Qingdao, China)
  • “Developing a Reading Comprehension Course in ICT Using Authentic Materials”
    大学英語教育学会 (JACET) 全国大会(2015年8月、於鹿児島)
  • “Developing a Reading Comprehension Course in ICT Using Authentic Materials”
    大学英語教育学会 (JACET) ESP 関東 研究会 (2015年6月、於東京(調布))
  • Creating teaching materials for ICT reading class
    全国語学教育学会 (JALT) Pan-SIG 大会 (2015年5月、於神戸)

全国語学教育学会 (JALT) 全国大会 (2015年11月、於静岡)

  • “Correlation between BULAT Speaking/Writing and TOEIC Scores”
    全国語学教育学会 (JALT) Pan-SIG 大会 (2012年6月、於広島)
    JALT PanSIG Archive ウェブサイトからこの論文の PDF 版をダウンロード可能(pp.118-125)
  • “Preliminary Can-Do Statements for Technical English”
    IEEE Professional Communication Society Japan (2011年 11月 17日、会津若松)
  • “Preliminary Proposal of Can-Do Statements for Technical English”
    大学英語教育学会 (JACET) ESP 関東 研究会 (2011年7月、於東京(豊洲))
  • “Correlation between the STEP BULATS Speaking and TOEIC® Scores”
    全国語学教育学会 (JALT) Pan-SIG 大会 (2009年5月、於流山)
  • ・「ビジネス英語能力の適切な評価法」
    国際教育学会 (ISE) 第 3回総会 (2008年 8月、於東京)
  • “How to Publish a Self-study Book on Professional Presentations”
    IEEE Professional Communication Society 2008 IPCC (2008年7月、於加 Montreal)
  • “How to Write English Self-study Books for Engineers”
    全国語学教育学会 (JALT) Pan-SIG 大会 (2008年5月、於京都)
  • “Correlation between the STEP BULATS Writing and TOEIC® Scores”
    全国語学教育学会 (JALT) Pan-SIG 大会 (2008年5月、於京都)
  • “How to Publish a Book on Professional English Presentations”
    IEEE Professional Communication Society Japan Seminar Proceedings (2007年10月19日、於会津若松)
  • “The New TOEIC test: Understanding and Overcoming the Challenges
    AND STEP BULATS: A Practical Test Suite That Makes Real Business Sense”

    全国語学教育学会 (JALT) 信州チャプタ研究会(2007年1月21日、於松本)
    — Best of JALT 2007 賞受賞
  • “Clothes Make the Man”
    日本言語テスト学会 第9回全国研究大会(2005年9月3日、於藤枝)
  • “Correlations between active skill and passive skill test scores”
    全国語学教育学会 (JALT) Test and Evaluation (TEVAL) Special Interest Group 大会
    (2002年5月11日、於京都)
  • 「英語表現における丁寧度」
    日本実用英語学会第155回月例研究会(2001年5月19日、於東京)
  • “An Overview of the Hitachi S-3800 Series Supercomputer”
    Supercomputer ’92 (独 Mannheim 大学主催)(1992年6月、於独 Mannheim)
  • “An Overview of the HITACHI S-820 Supercomputer System”
    Supercomputer ’89 (独 Mannheim 大学主催)(1989年6月、於独 Mannheim)

論文